忍者ブログ
ゆっくりしていった結果がこれだよ!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ふと、日課の4亀(4Gamer)を見てみるとこんな記事があった。

PC版「BLAZBLUE」,8月26日の発売が決定。Xbox 360版とのクロスプラットフォームネットワーク対戦にも対応

あ、あれ?発売中止したんじゃないの?
というかBBCSが出てるのにBBCTなの?

そんな感じの疑問が山ほどあるのはきっと俺だけじゃないはず。
何よりコンシューマー版が出た1年後にプラットホームだけ変えて同じ製品を出すというのはどうかと思う。
まあ、それは置いといて4亀の記事を見る限り以下の点を押しているように見える。

本来有料のDLCが全て無料で使用可能という点。
箱○ともネット対戦可能という点。

この2点を宣伝しているようだが、俺に言わせればその二つの内容の最後に「(キリッ」と付けざるを得ない。
まず俺の記憶が確かならば元々やりこめばめんどくさいだけで買わないと無い追加要素(追加カラー除く)など無かった。
少なくとも箱○版BBCTは出てから長期間(AC版から1年半年、家庭用から1年)経っているのと次回作が出てしまっているせいで過疎というレベルではないくらい過疎っている。

というのが俺の主観的な見解なのだが。
しかし、BBCSでも新キャラを追加(完全有料だが)という後出し隠しコンテンツを用意していたアークである。
恐らくまだ公開していないだけで何かしらの違う要素があると信じたい。

が、不安な要素が箱○との連動という点である。
箱○のソフトメーカー側の修正パッチなどのアップデートは初回は無料だが2回目以降は結構な料金を取られる上にパッチ容量制限が結構厳しいらしくメーカーはあまりやりたがらない。
これがどういうことかというと実に簡単なのだが予測出来る事態を書くと。

上記理由で箱○版をいじることが出来ないorいじりにくい。

箱○版とも対戦可能ならばBBCSの新キャラなどの追加要素は入れれない。(PC版にだけデータがあっても箱○版に無いと対戦で出しようが無い)

仮にアップデートを行ったとしても新キャラなどのそこそこの容量のデータをパッチとして出すことは恐らく出来ない。(追加キャラとかは基本的に普通にやると出せないロックがかかってるだけで元々ゲーム内にデータは入っていてDLCを買うことでアンロックすることが多い)

どうしても新しい要素を入れにくい。

ということが予測出来るのだがそこは天下のアークシステムワークス、きっと何か妥協点を持ってくるはず。
実はBBCTじゃなくBBCS発売しますというなら出たばっかりで今が旬のゲームだけに対戦相手に困ることも無くBB人口の増加に一役買ってくれるんではないか。

という感じで色々と妄想しつつ後々追加情報が発表されるのを待つとしよう。



PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
地雷コンビでまた試合したいものですなぁ。
OooDa 2010/09/21(Tue)01:33: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[3] [2] [1
  HOME   : Next  »
Profile
HN:
Xerox Macabre
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1984/08/07
自己紹介:
ゆっくりしていってね!
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Monthly Archives
Recent comments
[09/21 OooDa]
[09/08 keizo]
[09/08 keizo]
Recent trackbacks
Twitter
Counter
Access analysis
忍者ブログ [PR]